JAEGER-LECOURLTRE

ジャガー・ルクルト(JAEGER-LECOULTRE)は、創業以来1200を超えるキャリバーを開発し、歴史に残る数々の発明を残したことから「時計業界の技術屋」の異名を持つ老舗時計ブランドです。
1833年、スイス・ジュラ山脈のジュウ渓谷にあるル・サンティエにて、独学で時計の製造技術を習得したアントワーヌ・ルクルトが、農業を営む実家の一部に工房を構えたのが始まりと言われています。
アントワーヌ・ルクルトは0.001mm単位での測定が可能な計器「ミリオノメーター」の発明(1844)、史上初のリュウズ巻き時計の発明(1847)など、時計史を変える数々の発明を残しています。
その後、アントワーヌ・ルクルトの孫ジャック・ダヴィド・ルクルトが、ムーブメント開発に定評があったエドモンド・ジャガーに超薄型ムーブメントの開発を依頼したことをきっかけに、両者が協力して1937年にブランド「ジャガー・ルクルト」が誕生しました。 正式にジャガー・ルクルトとなってからも、ブランド立ち上げ前からムーブメントを提供していたカルティエをはじめ、世界三大時計ブランド(パテック フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ)など、スイスの名だたるメーカーにムーブメントを提供しており、名門マニュファクチュールとしてのクオリティに絶大な信頼が寄せられています。
今もジュウ渓谷にあるマニュファクチュールには、創業当時から継承される「時計業界の技術屋」としてのクラフトマンシップや自社製品における発明への探究心が衰えることなく受け継がれ、ジャガー・ルクルトの時計は、世界の時計愛好家たちを魅了し続けています。

3件

  • 1