TUDOR

チュードル(TUDOR)は1930年代にロレックスのディフュージョンブランドとして誕生しました。
創立者はロレックスの創始者ハンス・ウィルスドルフで、当時ロレックス本社のあったイギリスでの市場拡大を目的に「一般庶民」向けに作られたブランドがチュードルでした。チュードルというブランド名は、誰もが知っている王家の名前をブランド名にすることで、イギリス庶民に親しまれるブランドとして定着させようと、エリザベス1世を輩出したイギリスの王家の一つ「チューダー家」にちなんだものです。
素晴らしい製造技術を誇りながらも、時計製造コストが高く認知度が低かったロレックスに対して、チュードルは、低価格で一般庶民に親しまれました。チュードルが世間に認められたことで、ロレックスの認知度も急激に高まり、ロレックスは今や世界に誇る有名ブランドとなっています。
チュードルは低価格でありながら、文字盤やリューズ、裏蓋といった多くのパーツにロレックスのパーツが使われています。
また、「チューダー家」の紋章である薔薇を、ロゴやディテールのモチーフとして採用しており、その薔薇モチーフは「チューダー・ローズ」と呼ばれ、大きい薔薇に「デカバラ」、小さい薔薇に「チビバラ」という愛称がつけられています。主にチューダー・ローズは1970年以前のモデルに使われており、アンティーク時計として高い人気があります。
1970年以降のモデルには「盾デザイン」のロゴが使われるようになり、中には現行のロゴである「盾」と、「薔薇」を交えた「盾バラ」と呼ばれるものも存在します。
チュードルは、ロレックス譲りの高度な技術と高品質なパーツが使われていながらリーズナブルで、針や文字盤のデザインのバリエーションが豊富な点が魅力です。

2件

  • 1