ROLEX

スイスの高級ウォッチメーカー「ロレックス」の歴史は、1905年ロンドンにハンス・ウイルスドルフと義兄弟のデイビスが、時計販売の専門商社「ウイルスドルフ&デイビス」を設立したことから始まります。
しかし、当時扱われていた腕時計の性能はあまり良いものでなく、その中でハンスは、見た目の美しさだけでなく機能性や実用性にも優れた腕時計を販売したいと考え、自社での腕時計の製造を開始しました。
1908年、この自社製造の腕時計は何百通りという文字の組み合わせの中から「ROLEX」と名付けられ、1915年には、社名も「ロレックス・ウォッチカンパニー」に変更しています。
そして1919年には、拠点をロンドンからスイスのジュネーブに移し、翌年「モントレ・ロレックス (Montres Rolex S.A.)」を設立、スイス時計メーカー「ロレックス」が誕生しました。
ロレックスといえば、現代の機械式腕時計の礎となった「3大発明」で有名です。
世界初の本格完全防水“オイスターケース”の開発(1926)、自動巻き腕時計の先駆けとなった“パーペチュアル”の発明(1931)、そして、午前0時付近に日付が瞬時に切り替わる“デイトジャスト”(1945)の発明です。
現在のロレックスは時計の精度や強度の高さはもちろん、その圧倒的な知名度から男女問わず絶大な人気を誇り、時計界の王者として君臨しています。

6件

  • 1