NEW

COCKPIT CLOCK /4PAR

¥9,900 (税込)

※こちらの価格には消費税が含まれています。
※送料は別途発生いたします。 詳細はこちら
※税込み10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

第二次世界大戦当時1940~50年頃、アメリカ陸軍航空部隊の戦闘機には手巻式の時計がコックピットパネルに組み込まれていました。 航空機を操縦するのにならなくてはならないものであったこの時計には24時間表示、ストップウォッチ、経過時間などのナビゲーション用の機能が搭載されていたものもおおく、形態もバリエーションも様々なものが存在しました。この度の商品は過去のそのような多くの時計の中から選び抜かれたシンプルなデザインを踏襲し当時の貴重な計器の雰囲気を併せ持った置き時計となりました。本体の素材にはアロイ合金を使用し樹脂などには表現できない重厚な存在感を表現しています。ゼンマイを巻く事で8日間時計が作動する“8DAYS”のの文字こそありますが、使いやすさを考えムーブメントにはクオーツ(電池式)を採用。 アラーム機能も搭載されているので日常使いの置き時計としての機能も十分です。文字盤には3,6,9,12のシンプルな配置のモデル(No.IZ-C-01)、1~12の全数字を配置したモデルの(No.IZ-C-02)の2パターンを用意。インデックスと針は蓄光塗料で仕上げているので暗所での視認性も抜群です。蓄光塗料は経年変化により色が変化してくので当時のように味わいのある時計になっていくのを楽しんでいただけます。 計器が多い操縦席ではその視認性が重視された当時の時計のように、余計なものをそぎ落として作り上げられたこの度の〝コックピットクロック″と共に時を刻んでいくのをお楽しみください。

定価

¥9000 ※税抜定価

サイズ

W87×H87×D35 (mm)

重量

300g

素材

アロイ合金

品番

IZ-C-001

JANコード

4580247173430

生産国

中国製

Loading